委員長

L 久富 清司

◇計画

①337A地区としては、朝倉災害の支援が引続き必要であり、現、次期の朝倉クラブ会長を通し支援内容を確認して計画を立てる。特に危機管理と災害に対する啓発の為のアラートセミナーを実施。

②国際協調については、現対象地区に限らず広く情報を得て協調方法を調整する。
③大会参加については、国際組織としてのライオンズクラブの重要性を認識出来る様、クラブ会員歴の長短に拘わらず従来通り呼掛けセミナーを実施し退会防止と新会員増強に繋げる。

④クラブや地区リジョンの垣根を越えアカデミー会員の交流を広め、災害時等や広範の事業等に協力出来る様にする。

◇目標

ガバナーの提言とスローガンに添い、上記の計画実施を通しライオニズムの高揚を計る。