ライオンズクラブ国際協会337-A地区は、本日(4/21)福岡県庁にて小川洋福岡県知事にマスク1万4千枚を贈呈しました。
 これは新型コロナウイルス対策の緊急支援物資として日本ライオンズがLCLF(ライオンズクラブ国際財団)の資金で中国のライオンズを通じて購入した約20万枚のうち、全国でも感染者が多い13の地区に分けて配布しているもので、337-A地区では割り当ての1万4千枚を福岡県を通じて配布して頂く事になりました。
 福岡県庁の知事室で行われた贈呈式で津村ガバナーは「500余名もの感染者を出している県下で、マスクを有効に活用して頂ければ幸いです」と挨拶。マスク2000枚入りダンボール7箱を小川知事に贈呈しました。
 小川知事は「予断を許さない状況の中、貴重なマスクの提供を感謝します。このマスクを県下の福祉施設で有効に使わせて頂きます」と御礼の言葉を述べられました。

ライオンズ出席者
・地区ガバナー L.津村洋一郎
・キャビネット幹事 L.内藤 肇蔵
・地区PR・IT・ザラタ編集委員長 L.西村 正孝
・LCIF・国際協調・アラート委員長 L.本田 實
・キャビネット副幹事 L.山下 豊

×