地区ガバナー、会則・会員・エクステンション委員会&地区PR・ICT委員会コラボ企画
 お友だちを増やそう大作戦
 「ZOUKYOU DE LIONS」
(会員増強に力を注いで頂いたクラブ会長に取材してその想い・取り組みを紹介する。)
第二回 ライオンズクラブ国際協会337-A地区3R2Z行橋ライオンズクラブ【会長L.大港和彦】インタビューです。
🦁川原:現時点で新入会員14名、支部新入会員4名の合計18名にはどんな秘訣があるのですか?会員増強のモチベーションを教えて頂けますでしょうか?
🦁会長:行橋LCは支部を合わせると100名を越す大所帯で会長になれるチャンスは一回あるか無いかです。なのでその一回に持てる力をすべて出し切ろうと私は決意しました。行橋LCは伝統的に会員増強が会長の役割としてあり、また平均すると毎年5名ほど会員が減っているため会員増強が必須となります。そのため第三副会長になった時点から会長になるまで3年間いろんな方にお話しをさせて頂きました。また第一副会長になってから1年間は五役予定者と毎月会議を開き会員増強やアクティビティについて話し合いを重ねてきました。その準備のおかげで会長に就任と同時に13名の新入会員を得ることが出来ました。
🦁川原:とても盛大な入会式だったとお聞きしてますが…?
🦁会長:台本を作り5役と念入りに打ち合わせをして、会場ではフラッシュ・BGM等準備してライオンズとの結婚式さながらのような演出をしました。新入会員の皆さまに感動・感激のお言葉を頂きました。
🦁川原:何かライオンズクラブ会員の皆さまにお伝えすることはございますでしょうか?
🦁会長:まずは行橋LCの伝統を繋いでくれた先輩方に感謝です。私は入会して16年になりますが、上から抑えつけられる想いをした記憶がありません。会長に就任してからものびのびとやらせてもらってます。行橋LCの素晴らしさを実感しております。ありがとうございます。
お伝えすることは…まだまだ若輩者の私にはおこがましい話しですが、お役の役割を理解してお役が回ってきたなら覚悟を決めて全力でトライする。
私は会員増強にしてもアクティビティにしてもすべては情熱と準備に尽きると思います。
取材ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。
〈取材したL.川原実徳の感想〉
🦁川原:大港和彦会長の綿密な戦略の上でのアグレッシブさにはとても刺激を受けました。そう出来る伝統を繋いでいる行橋LCにも多いに勉強になりました。
大港和彦会長 おつかれさまでした。
どうもありがとうございます。
1/25(火)行橋LC会長L.大港和彦インタビュー
[取材/3R地区PR・ICT委員L.川原実徳、地区PR・ICT委員長]
×